海と湖までドライブ

静かな2021年の秋

黒石市から45キロ、西は日本海

シーズンオフの鯵ヶ沢
海沿いのガードレール

黒石市から45キロ、東南は十和田湖

木の影が水面に浮かんで、葉っぱに見えるけど「石」です。

いつ来ても、何十年経っても変わらない乙女の像。

だから昔を思い出しに、ここへ来たくなるのかな‥

紺青の空

宇宙も見えるような紺青(こんじょう)の夏空

朝、怖いくらい青い空で雲の表情を楽しむ。

太陽を囲う「虹の輪」
天の川のような高積雲

気温が上がる前に、猿賀公園の蓮(ハス)の花で涼をとる。

平川市 / 蓮の花

朝食中の蜂さんが、影でポーズをとってくれた。ウケる!

また一年ぶりにおみくじを引いてみた。

人もお金も遣いよう。自然にある物には自ら霊が宿り、人が造った物には人の魂が籠(こも)る。人も物も大切に生かして働かせることが神様の思し召しである。

「もっているものの価値を生かしなさい」ということだろう。

夜レッスンに来ているKさん(50代)に雲の写真を見せると、なぜか同じ画像をKさんも持っていた?あの空を見ていたんだ〜、感動が2倍になった!

新緑の公園 ①

すって、はいて深呼吸

(マスクを外していいかな‥?)人がいないかを確認することが身についてしまった。心も体も縮こまっている。

長四郎公園 | 藤の花

藤の花に近づくと、品のいい甘い香りがした。女性らしい花だ。

薄紫色ではない、これが藤(ふじ)色だ!と記憶しておく。

 

男性らしい樹木、厳しい自然に負けない強さを感じる。ざわ、ざわ・・

目も、耳も、鼻も満足した。

新しく始めたこと

6月から国際交流協会主催「日本語教育や多文化共生に関すること」の講座を受けているが、楽しみの一つに会場となっている青森市の『海』がある。

黒石市にはないしっとりした空気感、なつかしい潮風の匂い。深呼吸をくり返して体の中にたくさん入れておく。

青森市のベイサイド

かなり昔、アスパム近辺に県営住宅が建設されて、この辺りに住んでみたいなと考えたりもした。

海が見える高層団地は、募集人数をはるかに上回る倍率。

もし当選していたら、また違った人生だったかもしれない。(海に近いベンチでの妄想はつきない)

蓮の花

平川市の猿賀公園

“おやゆび姫さん〜、どこですか?”

カエルくんといっしょに大きな蕾のどこかにいるはず。

平川市|蓮(ハス)の花
花ことば「清らかな心」「神聖」

おみくじを引いてみたくなった。

「お願いごとはありませんが、導きのメッセージをください」

「損して得とれ」

できる範囲で他人のために骨折りをいとわず行え。大きな器量で動け。

はい!

タンポポの季節です

黄色い草花たちが春を知らせてくれる

雪がなくなったら「どこでも咲いてみせるぞ!」と言わんばかりに野山や道端に咲くタンポポ。

ポン、ポン集まって咲くからタンポポなのかな?

タンポポの花畑:岩木山

この小さな草花たちは、みんな「春の色」

歩道に咲く菜の花

公園に行かなくても、ありのまま自然を感じれるこの場所が好きだ。

畑にあるラッパ水仙を花瓶へ

弘前城周辺

歩数計で自己ベスト

スマホに歩数が記録されるアプリを入れた。

シンプルに1,000歩で10分(約30kcal)、意識はしていないがウォーキングは有酸素運動になる。

津軽凧で使われる染料
旧笹森家(武家住宅)

13,900歩  9.36km

秋の夕暮れ

丸太のベンチに座って

てんねんきのベンチ
天然木のベンチ(黒石市東公園)

季節を感じれば、“今しかないこと”に満ちている。

こんな黄昏(たそがれ)時も、夕方4時を過ぎると子供の声が聞こえなくなってしまう。

ことわざ『秋の日は釣る瓶落とし』のように、いつの間にか日暮れが早い。うっとりはしていられない。

東公園さくら山:黒石市柵の木2丁目

さて先日、一年で最も美しい月をみた。

その長い夜だけは、キリンジ(堀込泰行)の曲「エイリアンズ」を眠るまで何度もリピートして聴いた。

歌詞にキュンしてしまう。きっと満月のせいかな。

   月の裏を夢みて キミを愛している エイリアン
   大好きさエイリアン わかるかい

家から1キロ先

お墓までの道のり

車が1台しか通れないカーブのついた坂道を行く。

くるま1だいぶんのやまみち

見晴らしのいいりんご畑の向こうに『黒石市の山』である黒森山が小さく見える。

山道は幻だったかのようにまた平地に戻り、ここまで来れば道に迷わない。

九月の風が岩木山の方向、西から吹いてきた。

少しでもまだ夏を感じたくて潮の匂いがするか深呼吸してみるが、やはり草と田んぼの匂いだけだった。

いつか私も入るだろうお墓の前から、リーンリーンと澄んだ鈴虫の音色だけが聞こえる。

暑すぎてもう来ないと思っていた“秋”が始まったようだ。

いえから1キロさきのみちのり
家から1キロ先の道のり

濃厚プレミアムチーズバーガー

気がねなく行けそうな店

ようやく青森県平川市にある「ユイットデュボワ八幡崎店」を見つけました!

青森県平川市八幡崎
青森県平川市八幡崎

「やわじゃきにハンバーガーのお店できたよ」と教えてもらったものの、その地名がどこなのか分かりませんでした。

“八幡崎(やわたざき)”を地元の人いわく、愛着もって「やわじゃき」と言うそうです。

はじめてのお店ではあれにしようか、これにしようか、サイズ大きかったらどうしよう‥と楽しい悩みがいっぱい。

本棚あります

4種チーズで濃厚な味わい
4種チーズで濃厚な味わい

涼しい藍の器にハンバーガーがのっています。おっしゃれ~!!

次は月替わりバーガーを試してみようかな。