2020年の活動

3月
黒石東小学校 卒業式の伴奏
追子野木小学校  〃
北陽小学校    〃
黒石中学校    〃
尾上中学校    〃

8月
礼拝のピアノ伴奏(東奥義塾高校)

10月
黒石中学校 合唱コンクールの伴奏3名
中郷中学校 PTA合唱の伴奏

12月
第23回どれみ教室ピアノドリームコンサート

2019年の活動

2月
中郷こども園訪問演奏

3月
黒石東小学校 卒業式の伴奏2名
黒石中学校    〃

7月
ピアノコンクール参加者のためのセミナー(スポカルイン黒石)
青森県こどもピアノコンクール地区予選7名

10月
青森県こどもピアノコンクール本選2名
黒石中学校 合唱コンクールの伴奏5名
中郷中学校 PTA合唱の伴奏

11月
尾上中学校 合唱コンクールの伴奏1名

12月
第22回どれみ教室ピアノドリームコンサート

合唱コンクール

アンコールは「明日があるさ」

修学旅行の楽しみは 選択 ディズニー 自主見学
でも一番は 夜のおしゃべり 寝不足朝がつらい

いよいよこれから受験です ますます努力をしなくちゃね
点数アップ どんどんアップ みんなで頑張ろう

明日がある 明日がある 明日があるさ♪

「明日があるさ」にオリジナルの歌詞と愉快なパフォーマンスを入れて、N中学校の合唱コンクールをPTA合唱団も一緒に盛り上げている。

子どもが卒業するとPTAではなくなるが、できる限りこのメンバーで、この場所で音楽を続けたいと思いながら伴奏して13年。OB仲間も増え、友達に会いにいく気分になる。

中学生が自ら手拍子や体を揺らして波(ウエーブ)をつくり、体育館に優しさが広がっていく。ありがとう。

「自分の親がステージに立つのは恥ずかしい」と言われてしまった方もいたが、私たちを見て、“オトナって楽しそうだな”と感じてくれたらいいな。

私らは合唱が好きな“地域の子どもの応援団”でありたい

黒石市:新千歳橋(浅瀬石川)

どれみ教室のピアノ伴奏者は6名、うち二、三年生全員が『伴奏賞』をもらった。努力するのは当然で、力量に合わせた選曲がよかったと思う。

賞よりも私が嬉しいことは、あなたが「いつの間にかピアノが好きになった」と話してくれたことなんだ。

幼児向けイベント

プログラム

1.紙芝居「よつめのしやのさん」(制作:藤本佳代子)
2.ミュージックパネル「春夏秋冬」
3.ピアノ演奏「ショパン/ノクターンop.9-2」「ランゲ/花の歌」

ピアノ演奏だけでなく、パネルシアターでパフォーマンスを交ぜての参加型ショーを行いました。


中郷こども園へ訪問

「ながい‥」♫ ♪ ♫
幼児、乳幼児はアップテンポでノリのよい音楽は触れる機会がありますが、クラシックを2曲じっと聴くと飽きちゃいます。

そこでランゲ作曲「花の歌」では、手に小さな蕾をつくり、曲に合わせてだんだん膨らみを大きくして、メロディの終わりに「お花が咲いた!」というポーズをとってもらいました。

保育園にたくさんの色々なお花が咲きました(純粋な子どもに感動!)

イベントが終わって帰ろうとしていた時に、2歳児の女の子がこちらに来て、かわいいお手手でハイタッチをしました。

あったかい手、“ありがとう~”という気持ち、ちゃんと伝わりました。(また楽しい時間を過ごせるように、ピアノ練習がんばります!)

準備をして下さった中郷こども園の先生方、そして『おはなしパフォーマー』藤本さんに感謝いたします。

ピアノとおはなしの世界へようこそ

中郷こども園を訪問します

ピアノとおはなしの世界へようこそ

日時:2月9日(土) 10時~
場所:中郷こども園 お問合せ 0172(53)3715

昔話や創作話を語るパフォーマーの藤本佳代子さんと一緒に「パネルシアターおんがく」をやります。

藤本さんとわたしは学生時代、合唱部でいつも歌をうたった仲間です。

なかごう こども園

当日、リラックスして心から優しい気持ちでピアノを弾けたらいいなと思います。

2018年の活動

3月
黒石東小学校 卒業式の伴奏
黒石中学校    〃

4月
チャペル挙式 オルガン奏楽

7月
ピアノコンクール参加者のためのセミナー(スポカルイン黒石)
青森県こどもピアノコンクール地区予選6名

9月
葬儀(前夜式)オルガン奏楽
チャペル挙式   〃

10月
青森県こどもピアノコンクール本選2名
黒石中学校 合唱コンクールの伴奏3名
中郷中学校      〃        1名
中郷中学校 PTA合唱の伴奏

11月
尾上中学校 合唱コンクールの伴奏1名
チャペル挙式 オルガン奏楽

12月
第21回 どれみ教室ピアノドリームコンサート

教会挙式のしごと

オルガン独特のタッチ

エレクトーンのような軽さでなく、ピアノのように重くなく‥そんな独特なタッチを習得しないと、楽譜は読めても鳴らすことが難しい楽器です。

古い足踏みオルガンではありますが、このリードオルガンで讃美歌を奏でると、なんとも切ない響きで心にしみます。

<入場>
新婦はお父さんと一歩一歩かみしめながら歩き、新郎へ向かいます。ここでワーグナー「婚礼の合唱」♫

<讃美歌>
いつくしみ深き(312番)♫

<結婚の誓約>
「はい、約束します」お決まりのセリフではありますが、一番憧れのシーンを間近で見れます。そして指輪の交換と誓いのキス。ここで讃美歌167番「我をも救いし」♫

<後奏>
「神様の祝福があれ!」と牧師さんが宣言し、アーメン唱♫

<退場>
人生の中で一番ステキな笑顔で、家族、友人、知人に見送られます。わたしが見たほとんどのカップルは、緊張がほぐれてうるうる(嬉し涙)しています。ここでメンデルスゾーンの結婚行進曲♫

教会は結婚式を挙げる場所だけではなく、礼拝をする場所なので(神社やお寺と同じ)、チャペルとは違ったキリスト教式の厳かな雰囲気があります。

 

市民ぐるみの合唱コンクール

明日があるさ

雨天で順延運動会、半日短くなったけど
むかでリレー、全員リレー、完全燃焼さ ♪

三年続けた部活動、練習に励んだ部室には
がんばったねと差し込む夕日、きみへの金メダル
明日がある、明日がある、明日があるさ ♪

今年もN中学校の合唱コンクールに向けて、PTAチームが歌詞を作りました。

「YMCA」「明日への手紙」「明日がある」を演奏しましたが、全校生徒が手拍子などで盛り上げてくれ、またオリジナル曲が心に響いた?のか、泣いていた学生を見たメンバーがステージの上で涙ぐまれていて、私ももらい泣きをしました。

指揮者さんと共にピアノでお手伝いさせて頂き、はや12年目の歩みになりますが、生徒たちもサプライズを楽しみにしてくれていたようで嬉しかったです。

懇親会では「YMCA」の大合唱と踊りで再び最高潮へ!練習の日々から解放されて、久しぶり~に楽しく酔いましたヽ(^o^)

教室の生徒5名が弾いた曲は、「時の女神から~あなたへ」「夢の世界を」「心の瞳」「きみにとどけよう」でした。

青森の秋の恵み“りんご”収穫で忙しい中でも(市内で開催していないのに)、会場はたくさんの人が聴きに行き、座る席はなく立つ場所もないほどでした。

子どもの、孫の成長に感動して元気をたくさんもらったと思います。

とくに私は中学生の合唱が好きです。
“心の場所を探していた” 昔の自分を重ねて感じるのです。

やはり『歌』は、いいものです!!

PTA合唱団

あと3週間で本番

市内N中学校のPTAコーラスは、毎年生徒の合唱コンクールに合わせて団員を募り、当日まで4、5回練習日を設けて本番に臨みます。

審査発表の間に3曲歌いますが、短期間(3週間)で譜読みするため、この期間は「わたしが本気で音楽を楽しむ」大切な時間です。

ちょうど生徒達もピアノコンクールや合唱コンクールが重なり、教室のピアノはたくさんみんなに弾いてもらえて喜んでいるかもしれません。

「今年も先生のピアノ伴奏で歌うの、楽しみです」「引き受けてくれてありがとう、お願いします」とお言葉をかけていただき、とても嬉しかったです。

年を老いてきた今は『わたしにできることの1つにピアノがある』と感じるようになりました。

熱心な人から学ぶことは多く、わたしも共通の目標に向かって練習を頑張ります。

 

2017年の活動

3月
北海道教育大学(音楽課程)入試合格者1名
黒石小学校 卒業式の伴奏
金田小学校  〃
黒石中学校  〃

7月
ピアノコンクール参加者のためのセミナー(スポカルイン黒石)
青森県こどもピアノコンクール地区予選7名

10月
青森県こどもピアノコンクール本選3名
黒石中学校 合唱コンクールの伴奏4名
中郷中学校      〃        1名
中郷中学校 PTA合唱の伴奏

11月
尾上中学校 合唱コンクールの伴奏1名

12月
第20回 どれみ教室ピアノドリームコンサート
チャペル挙式 オルガン奏楽(黒石教会)